新型うつの認識

新型うつを認識しよう

新型うつとは非定型うつとも呼ばれており、一般的によく知られているうつ病とは症状が違います。今まで知られているうつ病は何事に対してもやる気が起きなかったり、不眠や食欲不振になったりなどの症状があります。けれどこの新型うつに多い症状は、やりたくないことに対してやる気が起きず、自分の好きなことに対しては意欲が湧きます。また過眠や過食と言った症状もあり、気分の浮き沈みが激しいのも特徴です。これらの特徴は一見すればわがままと捉えられがちで、新型うつと診断されにくいことも多いです。けれど新型うつは薬やカウンセリングで改善することも可能なので、症状がいくつかあてはまるのであれば病院に行った方が良いです。新型うつも一般的なうつ病も、病院での治療金額はあまり差がないです。

症状がいくつかあるならうつ病と考えてみよう

新型うつ病の症状は周囲から性格やわがままと見られることが多く、なかなか理解が得られにくいです。そのため本人は苦しんでいることが多く、さらに新型うつに関する症状を悪化させやすいです。新型うつはカウンセリングなどで症状が回復することが多く、早めに自分がうつ病であることに気づくことが大切です。過食や過眠などの症状が特徴であるため生活リズムが崩れやすく、何もしないまま一日が終わったり過食によって体重が増加したりということもあります。自分は何もできないと責める前に、新型うつかどうか、疑って病院に行くことから始めてみた方が良いです。病気であることが分かれば改善策も分かって、新型うつに向き合うこともできます。苦しみから解放されるためにも、病院を受診して適切な治療を受けた方が良いのです。