新型うつの特徴

新型うつ病の方と接する上で大切な事とは何か

うつ病はこころの風邪とも言われており、誰でもかかる可能性がある病気となっています。またうつ病は様々なタイプに分類されていますが、近年は新型うつ病と言われている物があります。 新型うつ病の特徴として挙げられている事は20代から30代の若い世代にかかる割合が多い事です。うつ病の代表的な症状は意欲の低下、食欲の低下、自責感の強さなどがあります。従来のうつ病は仕事やプライベートにおいても代表的な症状が出現しますが、新型うつ病の場合はプライベートでは症状が少なく、意欲的に活動ができるといった状態が特徴と言われています。ですから新型うつ病の場合は、仕事に対する意欲がないと見られてしまう可能性があるので注意が必要です。接し方の注意点として過度な叱責をしない事と体調に対する理解が必要と言われています。

治療には個人差がある言われている

一般的にうつ病の治療にかかる時間は個人差が大きいとされ、長い場合は数十年かかるとも言われています。また新型うつに対しては現在ではまだ治療対応が定まっていません。ですから対症療法が主体となっています。 新型うつに対しての代表的な治療方法は休養と投薬です。薬に関しても投薬をしてから効果が出現するまでに2週間から1ヵ月は必要とも言われています。薬の料金は投薬の数や種類によって異なりはありますが、多い場合1万円ほどかかるとの統計も出ています。また治療に関しても休養のみで回復される方もいれば投薬を継続される方もいます。早い方だと数日から1週間前後で状態が良くなる場合もありますが、うつ病自体が再発しやすいと言われているので注意が必要です。 新型うつ病も毎年患者数が増加しており対策が進められています。

若い世代に多い新型うつの特徴

新型うつは20代から30代の比較的若い世代に多い傾向のあるうつ病です。現在の段階ではまだ細かい部分が分けられておらず、未知が多い病気です。ディスチミア症候群は不機嫌が続いたり、自己中心、依存的な状態が続いたりします。否定型うつ病の場合は人間関係に過敏で、倦怠感や過食、過眠、軽い発達障害が原因など症状や型も様々です。 新型うつは社会的に見て、サボりや甘え、ズルであるとされがちで、周囲や本人も自覚していない場合もあります。発症年齢や症状から現代病の一種とされ、うつ病自体が心の風邪と呼ばれるほどありふれています。心の病気といえば戸惑うかもしれませんが、心や体に不調があり、おかしいと感じたら心療内科や精神科医の診察も必要です。

不調の原因を探って、素直に見つめる

実は新型うつに対して不調の原因がわかっていたり、本質の問題に気付いていたりする場合もあります。大切なことは自分の不調の原因を素直に見つめて、分析して取れる限りの効果的な方法を考えることです。そしてそのことを人に相談することが大切です。話し合うことで気付かなかったことをアドバイスされて初めて気づいたり、人に支えられていることに感謝を感じたりすることが、前向きな気持ちにしてくれます。 会社によっても新型うつに対してメンタル面のサポートを行うようにする企業が増えてきています。現代は仕事上の悩みを気軽に相談できずに一人で悩んで不調を抱える人、職場を去る人も多いからです。何より不調の原因を改善するには、会社の協力なくしては難しいことも多いのです。